理学療法学科 教務部長

鈴木 哲

鈴木 哲
資格 理学療法士
学位 博士(リハビリテーション学)
職種 理学療法学科 専任教員(教務部長)
最終学歴 2011年3月 川崎医療福祉大学 医療技術学研究科 リハビリテーション学専攻 博士後期課程修了
所属学会 2006年/日本理学療法士協会
2008年/理学療法科学学会
2009年/心臓リハビリテーション学会
2010年/日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
職歴 2006年4月/笠岡第一病院 リハビリテーション科 専任理学療法士
2011年4月/学校法人仁多学園 島根リハビリテーション学院 専任教員

自己紹介

整形疾患に対する理学療法、循環器疾患に対する理学療法、研究方法論等を主に担当しています。解剖学・生理学・運動学などの確かな基礎知識、科学的根拠に裏づけされた多様なリハビリテーション医療が提供できる人材を養成していくべく、努力を重ねています。また、学生が能動的に学習に取り組むことができるような授業(アクティブラーニング)の開発に力を入れています。
もともと、腰痛や体幹の運動制御等をキーワードに研究を行ってきました。現在では、産業分野での予防医学(腰痛予防、ストレス軽減)、学童期のスポーツ障害予防等に興味を持ち、研究を進めています。

趣味

研究 釣り(Fly Fishing)

業績

原著論文

  • 鈴木哲, 木村愛子, 田中亮:介護職員における腰痛によるPresenteeismに腰痛の程度および心理的因子が与える影響-パス解析による検討- 理学療法科学, 29(4): 583-588, 2014
  • 鈴木哲, 木村愛子, 田中亮, 渡邉進:介護職員における腰痛の程度および心理的因子が日常生活活動障害に与える影響-パス解析による検討- 理学療法学, 40(2): 79 -86, 2013
  • T Suzuki, J Fukuda, Daisuke Fujita: Effects of forward tilt of the seat surface on trunk and lower limb muscle activity during one-leg wheelchair propulsion J. Phys. Ther. Sci. 24: 287–290, 2012
  • 鈴木哲, 平田淳也, 稙田一輝, 渡邉進:自宅退院を控えた入院高齢患者の転倒恐怖感に関する研究 理学療法学, 38(5): 358 -363, 2011
  • T Suzuki, J Hirata, K Ohtsuki, S Watanabe: Electromyographic and haemodynamic activities in lumbar muscles during bicycle ergometer exercise and walking Electromyography and Clinical Neurophysiology, 50: 213-18, 2010

(その他 40編)

学会発表

  • 鈴木哲, 木村愛子, 田中亮: 介護職員における腰痛による業務遂行能力の低下に心理的因子が関与する 第12回 島根県理学療法士学会, 2014(島根)
  • 鈴木哲,木村愛子, 高尾英次, 石田弘:介護職員における腰痛による業務遂行能力の低下に心理的因子が関与するか?第47回日本理学療法学術大会, 2012(神戸)
  • 鈴木哲, 福田淳, 藤田大介:前傾座面が車椅子片脚駆動時の体幹および下肢の筋活動に与える影響 第25回中国ブロック理学療法士学会, 2011(岡山)
  • 鈴木哲, 栗木鮎美, 富山農, 稙田一輝, 小田佳奈枝,高橋正弘, 渡邉進:高齢脊椎圧迫骨折患者に対する体幹深部筋同時収縮エクササイズの効果 第44回日本理学療法学術大会, 2009(東京)
  • 鈴木哲, 栗木鮎美, 元平智子, 石部豪, 高橋正弘, 渡邉進:高齢者に対する腰痛予防訓練の効果 第43回日本理学療法学術大会, 2008(福岡)

(その他 45回)

教育研修会への参加実績

  • 第25回 全国リハビリテーション学校協会教育研修会 2012年8月(福岡)
  • 第26回 全国リハビリテーション学校協会教育研修会 2013年8月(大阪)
  • 第43回 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設等教員講習会 2016年9月(東京)

地域貢献

  • 2014年11月 第13回島根県理学療法士学会 セミナー講師
  • 2015年5月  島根県理学療法士会 調査身分部部長
  • 2015年6月 島根発ヘルスケアビジネス先進モデル構築支援事業(補助金交付)
理学療法学科教員紹介一覧へ