VOICE

卒業生の声

平成27年3月 作業療法学科卒 島根県立平田高等学校出身

医療法人青葉会 松江青葉病院勤務

森脇 沙織 さん

 作業療法学科 精神科の実習を通じて、「人は気持ちが変われば行動も変わる」ということを身をもって知り感動しました。そして、精神科での作業療法に感心を持つようになりました。最近は精神疾患の患者さんの地域移行が進められていますが、社会に戻りたくてもなかなか戻れず長期の入院を余儀なくされている方、社会に受け入れてもらえない患者さんが実際は多いということも知りました。そのような方が安心して生活するための支援をしたい。そう思うようになったことも、今の道に進むきっかけになりました。
 老年期の作業療法を学んだ時、先生がご自身の臨床での体験を踏まえ、「その人らしく生きることの支援が必要だ」と話されたことが心に残っています。今の現場では、認知症の方などにも理解してもらったうえで活動に入ってもらえるよう、丁寧に説明するようにしています。

平成27年3月 理学療法学科卒 鳥取県立日野高等学校出身

日南町国民健康保険 日南病院 リハビリテーション科勤務

舩越 絵夢 さん

「大切なのは、マインド」。島リハの先生がいつもおっしゃっていた言葉です。患者さんはそれぞれの人生を背負い、歩んできた歴史をお持ちです。患者さんの心に寄り添うようにして治療を行っていると、自然と心を開いてもらえ、目標に向けて一緒になって取り組むことができます。理学療法士になって2年目。壁にぶつかることもありますが、患者さんや家族の方の声に耳を傾け、それぞれの痛みや不安を理解し、共に喜び、悩みや問題は共有して一緒に考えることを忘れずに進んでいきたいと思います。
 島リハは、学生一人一人の個性や感性を大切にしてくれる環境です。多様な経験ができたのはとてもよかったです。中でも地域活動で幅広い年代の方と交流した経験は、患者さんとの接し方や小さな変化への気づき、多職種連携にも役立っています。