VOICE

平成27年3月 作業療法学科卒 島根県立平田高等学校出身

医療法人青葉会 松江青葉病院勤務

森脇 沙織 さん

 作業療法学科 精神科の実習を通じて、「人は気持ちが変われば行動も変わる」ということを身をもって知り感動しました。そして、精神科での作業療法に感心を持つようになりました。最近は精神疾患の患者さんの地域移行が進められていますが、社会に戻りたくてもなかなか戻れず長期の入院を余儀なくされている方、社会に受け入れてもらえない患者さんが実際は多いということも知りました。そのような方が安心して生活するための支援をしたい。そう思うようになったことも、今の道に進むきっかけになりました。
 老年期の作業療法を学んだ時、先生がご自身の臨床での体験を踏まえ、「その人らしく生きることの支援が必要だ」と話されたことが心に残っています。今の現場では、認知症の方などにも理解してもらったうえで活動に入ってもらえるよう、丁寧に説明するようにしています。