新着情報

作業療法学科の3年生が保育実習に行ってきました!

 

作業療法学科の3年生では、治療学Ⅲという科目で小児領域の作業療法治療学を学びます。

学生たちは机上の学習で学んだ事を、保育実習で実践しました。

テーマは、『コミュニケーションを用いた介入』です。

 

内容は、昼食の時間となり、教室に戻らなければならない場面に対し、

遊びで夢中の園児にどのように声を掛けるとスムーズに教室に戻れるのかを考えました。

 

学生A

対象児の気持ちに共感してから次の行動を説明する。

「まだ遊びたいよね。あと最後一回これをやったら教室に戻ろうね!」

学生B

対象児が好きなオモチャを用いて教室へ入るよう誘導する。

学生C

遊びたいという欲求を満たしながら、次の行動へ転換するよう声を掛ける。

「教室までよーいドン!でかけっこ競争をしよう!」

 

2日間実習を行い、初日の実習後、園児との関わりで困ったエピソードについて

どのように声を掛けると良いのかを話し合いました。

話し合った内容を2回目の実習で実践し、2回目の実習後に振り返りの時間を設けました。

 

a

b

c

 

d

e

 

%e3%81%82