新着情報

理学療法学科の科目「運動療法Ⅰ」の授業風景をご紹介します!

理学療法学科1年の後期に行われる「運動療法Ⅰ」では全身持久力について学びました。

最後の授業では、全員でシャトルランを行い、学生同士で結果を分析し理解を深めます。

シャトルランは中学生や高校生の時に経験するテストです。理学療法士はそれを科学と結びつけ理解します。

今までと違った形でシャトルランを経験し、理学療法士に向けまた1歩前進しました。

とてもしんどかったと思いますが、学びを深めるよい経験となったはずです!!

 

加えて、高校生の頃と比べ、ほぼ全員の結果が低下していました。

勉強はもちろん大事ですが、運動もしっかり行いましょうね!!

img_0630 img_0631 img_0633