基本理念・ごあいさつ

基本理念

島根リハビリテーション学院は、教育基本法の精神及び学校教育法第百二十四条の趣旨に則り、 国際的視野に立った豊かな教養と高い倫理観を備え、かつ、 科学的探究心に富む人材の養成と理学療法学及び作業療法学の向上を目的として教育及び研究を行うとともに、 その成果をもって地域社会の発展に寄与し、人類の福祉に貢献することを基本理念とする。

島根リハビリテーション学院

理事長あいさつ

勝田 康則

学校法人仁多学園
理事長
奥出雲町長

勝田 康則

 島根県奥出雲町は、名勝天然記念物「鬼の舌震」や国指定重要文化財「櫻井家住宅」、そしてたたら製鉄が「奥出雲たたら製鉄及び棚田の文化的景観」の名称で国の重要文化的景観に選定されるなど、中国山地の山懐に抱かれた自然豊かな美しい町です。出雲神話に彩られた多くの文化遺産や名所旧跡を有し、全国ブランドの「仁多米」、「仁多牛」の産地でもあります。また、今年3月22日には中国横断自動車道尾道松江線(中国やまなみ街道)が全線開通し山陽方面から一段と身近になりました。

 島根リハビリテーション学院は、平成10年に島根県で最初に設立された理学療法士・作業療法士を養成する職業実践教育に特化した4年制の専門学校です。これまで700名もの卒業生が県内外でセラピストとして活躍しています。

 「科学的探求心に富み、時代の要請に応じうる理学療法士・作業療法士の養成」を教育目標に掲げ、教授陣には、学院長の島根大学名誉教授谷河精規先生をはじめ、経験豊かな専任教員に加え、講師として島根大学医学部の教授・准教授を迎えるなど島根大学の全面的な協力を得て、医療現場で即対応できる優れた高度専門士の養成に万全を期しています。

 学院では、奥出雲町と連携した学生支援制度が充実しています。学費減免特待生制度、在学中無利子の学費支援制度、通学費補助、10万円負担で運転免許の取得制度、兄弟姉妹在学給付金など経済面でバックアップしています。また、奥出雲町が管理する1DK宿舎は公的補助により格安な家賃となっており、多くの学生が入居し奥出雲町の生活を満喫しています。素朴で飾らない気質の町民とのふれあいは、異世代間のコミュニケーション能力醸成にも役立っています。

 緑豊かな自然環境に広がるキャンパス、最新の学習教材設備を有する学舎、多目的講堂や学生食堂をはじめ、近くには臨床実習可能な町立奥出雲病院、学習に利用できる町立の高齢者福祉研修施設や屋内スポーツセンター、そして陸上競技場、野球場、テニスコート、人工芝ホッケー場など完備された三成運動公園があります。スポーツやサークル活動、憩いの場として気軽に利用できます。

 このように、島根リハビリテーション学院は、すばらしい自然環境と勉学に最適の条件を備えています。必ずや充実した学生生活を送っていただけるものと確信しています。理学療法士・作業療法士の道を志す意欲ある若人の皆さん、ここ「島リハ」に集い、社会に貢献できる優秀な医療技術者をめざし、勉学に励んでいただくことを心から念願しています。

学院長あいさつ

谷河 精規

学校法人仁多学園
島根リハビリテーション学院
学院長

谷河 精規

新カリキュラムで総合力を高める

 理学・作業療法士の役割は、患者さんの社会復帰支援だけに留まりません。健康維持・増進、介護予防支援やスポーツトレーナー活動など多岐にわたります。
 社会のニーズに応えるべく、本校はキャリアアップ科目を取り入れた「4年制だからできる新カリキュラム」を導入しました。国家資格を持つ理学・作業療法士だからできる「柔軟な問題解決能力を育む」内容となっています。志を抱くみなさん、「島根リハビリテーション学院」で夢を叶えませんか。優れた能力を開花させ、社会で輝けるよう、教職員全員で応援いたします。

中期目標

20170825161020のサムネイル