教員紹介

学科長挨拶

理学療法学科 学科長 橋村康二

理学療法学科 学科長
橋村康二

 理学療法の対象者は身体に障がいのある方が多く、精神的にもケアが必要な方もおられます。そのような方々に関わることは、より豊富な医学的知識や高度な技術と、心身の痛みに共感し、その方の人生に寄り添うことが大切です。また、近年、理学療法士の活躍の場は健康増進事業や介護予防事業へと広がり、課題発見や問題解決能力が求められています。
 本学院では、国家資格取得に必要な学修に加えて、人を思いやり、患者さんや利用者さん、スタッフから信頼される人となるよう、人間性を育む教育を特徴としています。また、地域課題の解決に向け取り組むことのできる人材の育成に努めています。
 島根リハビリテーション学院には一味違う魅力があります。これからの医療や福祉、保健に貢献しようと考えておられる皆さん、あなた方の学生生活を全力で応援します。ぜひ一緒に学びましょう。

教員紹介

理学療法学科 副教務部長 鈴木 哲

理学療法学科 副教務部長
鈴木 哲

資格
理学療法士
学位
博士(リハビリテーション学)
職種
理学療法学科 専任教員(副教務部長)
最終学歴
2011年3月 川崎医療福祉大学 医療技術学研究科 リハビリテーション学専攻 博士後期課程修了
所属学会
2006年/日本理学療法士協会
2008年/理学療法科学学会
2009年/心臓リハビリテーション学会
2010年/日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
職歴
2006年4月/笠岡第一病院 リハビリテーション科 専任理学療法士
2011年4月/学校法人仁多学園 島根リハビリテーション学院 専任教員

業績

原著論文
  1. 鈴木哲, 木村愛子, 田中亮:介護職員における腰痛によるPresenteeismに腰痛の程度および心理的因子が与える影響-パス解析による検討- 理学療法科学, 29(4): 583-588, 2014
  2. 鈴木哲, 木村愛子, 田中亮, 渡邉進:介護職員における腰痛の程度および心理的因子が日常生活活動障害に与える影響-パス解析による検討- 理学療法学, 40(2): 79 -86, 2013
  3. T Suzuki, J Fukuda, Daisuke Fujita: Effects of forward tilt of the seat surface on trunk and lower limb muscle activity during one-leg wheelchair propulsion J. Phys. Ther. Sci. 24: 287–290, 2012
  4. 鈴木哲, 平田淳也, 稙田一輝, 渡邉進:自宅退院を控えた入院高齢患者の転倒恐怖感に関する研究 理学療法学, 38(5): 358 -363, 2011
  5. T Suzuki, J Hirata, K Ohtsuki, S Watanabe: Electromyographic and haemodynamic activities in lumbar muscles during bicycle ergometer exercise and walking Electromyography and Clinical Neurophysiology, 50: 213-18, 2010

(その他 18編)

学会発表
  1. 鈴木哲, 木村愛子, 田中亮: 介護職員における腰痛による業務遂行能力の低下に心理的因子が関与する 第12回島根県理学療法士学会, 2014(島根)
  2. 鈴木哲,木村愛子, 高尾英次, 石田弘:介護職員における腰痛による業務遂行能力の低下に心理的因子が関与するか?第47回日本理学療法学術大会, 2012(神戸)
  3. 鈴木哲, 福田淳, 藤田大介:前傾座面が車椅子片脚駆動時の体幹および下肢の筋活動に与える影響 第25回中国ブロック理学療法士学会, 2011(岡山)
  4. 鈴木哲, 栗木鮎美, 富山農, 稙田一輝, 小田佳奈枝,高橋正弘, 渡邉進:高齢脊椎圧迫骨折患者に対する体幹深部筋同時収縮エクササイズの効果 第44回日本理学療法学術大会, 2009(東京)
  5. 鈴木哲, 栗木鮎美, 元平智子, 石部豪, 高橋正弘, 渡邉進:高齢者に対する腰痛予防訓練の効果 第43回日本理学療法学術大会, 2008(福岡)

(その他 13回)

教育研修会への参加実績

  1. 第25回 全国リハビリテーション学校協会教育研修会 2012年8月(福岡)
  2. 第26回 全国リハビリテーション学校協会教育研修会 2013年8月(大阪)
  3. 第43回 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設等教員講習会 2016年9月(東京)

地域貢献

  1. 2014年11月 第13回島根県理学療法士学会 セミナー講師
  2. 2015年5月  島根県理学療法士会 調査身分部部長
  3. 2015年6月 島根発ヘルスケアビジネス先進モデル構築支援事業(補助金交付)

自己紹介(自己アピールと教育に対する取り組み)

 整形疾患に対する理学療法、循環器疾患に対する理学療法、研究方法論等を主に担当しています。解剖学・生理学・運動学などの確かな基礎知識、科学的根拠に裏づけされた多様なリハビリテーション医療が提供できる人材を養成していくべく、努力を重ねています。また、学生が能動的に学習に取り組むことができるような授業(アクティブラーニング)の開発に力を入れています。
 もともと、腰痛や体幹の運動制御等をキーワードに研究を行ってきました。現在では、産業分野での予防医学(腰痛予防、ストレス軽減)、学童期のスポーツ障害予防等に興味を持ち、研究を進めています。

趣味

研究 釣り(Fly Fishing)


理学療法学科 学科長 橋村康二

理学療法学科 学科長
橋村 康二

資格
理学療法士
学位
学士(教養)
職種
理学療法学科専任教員(学科長)
最終学歴
2015年3月/放送大学 教養学部
所属学会
2003年/日本理学療法士協会
島根生活支援リハビリテーション・ケア研究会(事務局)
職歴
2003年4月/町立奥出雲病院 リハビリテーション技術科
2009年4月/島根リハビリテーション学院 専任教員

業績

学会発表
  1. 橋村康二, 森合洋子:地域生活における障壁~ペタンク活動の再獲得を目指した症例~第18回島根リハビリテーション研究会2007年(島根)
  2. 橋村康二:高位頸髄損傷者における呼吸理学療法 第4回島根理学療法士学会、2004年(島根)

教育研修会等への参加実績

  1. 第27回 教育研究大会・教員研修会(ワークショップ)2014年8月(岡山)
  2. 平成27年度 教員のキャリアデザインワークショップ2015年8月(東京)

地域貢献

  1. 2013年 トリニティカレッジ島根 非常勤講師
  2. 2013年 島根県看護協会訪問看護師養成講習会 非常勤講師
  3. 2015年 松江市介護予防事業 非常勤講師

自己紹介(自己アピールと教育に対する取り組み)

 呼吸リハビリテーション及び地域理学療法の授業を主に担当しています。興味深く、そして心のエネルギーが沸くような授業ができるよう努めています。人を思いやり、責任を果たし、組織や地域をリードしていくPTが本学院からたくさん卒業するよう教育支援に努めています。

趣味

フライフィッシング(その他魚釣り)大好き ギターを少々。


理学療法学科 専任教員 橋本 広徳

理学療法学科 専任教員
橋本 広徳

資格
理学療法士、日本理学療法士協会 認定理学療法士(運動器)、国際エロンゲーショントレーニング協会指導者資格
学位
修士(医科学)
職種
理学療法士学科 専任教員
最終学歴
2015年 3月/島根大学大学院 医学系研究科医科学専攻
修士課程修了
所属学会
2002年/日本理学療法士協会
2009年/日本ボバース研究会
職歴
2002年4月/社会福祉法人 幸朋苑 専任理学療法士
2004年1月/医療法人社団昌平会 大山リハビリテーション病院2012年1月/学校法人澤田学園 松江総合医療専門学校 専任教員
2015年10月/学校法人仁多学園 島根リハビリテーション学院 専任教員

 業績

原著論文

1.橋本 広徳,鈴木 哲,石川 衛, 苅田 哲也, 松浦 晃宏:「下腿三頭筋に対するクールダウンとして実施されている2種類の運動が脊髄興奮性に与える影響」 理学療法科学 2017年8月号 掲載予定

学会発表
  1. 橋本広徳:「解剖学実習遺体の足関節を用いた拘縮の制限因子に関する研究」 第29回中国ブロック理学療法士学会,2015年9月(島根)
  2. 橋本広徳:「中脳視床症候群の一症例」 第4回鳥取県理学療法学会,2004年7月(鳥取)

地域貢献

  1. 2007年 鳥取県西部広域行政管理組合 介護認定審査会委員

自己紹介(自己アピールと教育に対する取り組み)

 私は2013年、島根大学大学院医学系研究科に入学し、解剖学実習で、人体解剖学を学びながら研究しました。研究の中で多くの筋、骨格、内臓、神経などを目にし、実際に手に触れ、人体について理解を深めました。解剖学は理学療法士の基本であり学生さんは沢山の機能と構造を覚える必要があり、人体構造は参考書のみでは理解が困難であると思います。この大学院で学んだ経験を活かして学生さんが解剖学に興味を持ち、より具体的に学んでいけるように学業を支援します。

趣味

penny ビリヤード


理学療法学科 専任教員 木村 愛子

理学療法学科 専任教員
木村 愛子

資格
理学療法士
職種
理学療法学科 専任教員
最終学歴
2002年3月/学校法人仁多学園 島根リハビリテーション学院卒業
所属学会
2002年/日本理学療法士協会
職歴
2002年4月 出雲市民病院 リハビリテーション科 専任理学療法士
2004年4月/奥出雲老人保健施設 専任理学療法士
2005年4月/学校法人仁多学園 島根リハビリテーション学院 専任教員

業績

原著論文

1.木村愛子,内田芙美佳,鈴木哲:「腰痛に関する情報提供が介護職員の腰痛に対する認知に与える影響」理学療法科学 2017年8月掲載予定 

学会発表
  1. 木村愛子, 鈴木哲, 橋村康二:「介護職員における腰痛に関する心理的因子に腰痛学級が与える影響」 第47回日本理学療法学術大会,2012年(兵庫)

教育研修会等への参加実績

  1. 全国私立リハビリテーション学校連絡協議会主催 第18回教員研修会2005年8月(神奈川)
  2. 第25回 日本リハビリテーション学校協会教育研修会 2012年8月(福岡)
  3. 一般財団法人職業教育・キャリア教育財団 中堅教員研修会新任指導力セミナー 2015年9月(大阪)

地域貢献

  1. 2011年 島根総合福祉専門学校 非常勤講師

自己紹介(自己アピールと教育に対する取り組み)

 評価学、運動療法、整形外科治療学を担当しています。
 私は本学院の1期生です。この学校で学び、理学療法士になりたいという夢を叶えました。勉強は大変でしたが、学院生活は一生の宝物になりました。
 本学院の理念に明記されているように、理学療法士になるためには、医学的知識・技術と豊かな人間性の両輪を育むことがとても大切です。このような観点から、私は学生さん一人ひとりと向き合い、共に過ごす時間を大切にしています。学生さんから学院のお母さん先生と呼ばれています。

趣味

バレーボールを観ること・すること


理学療法学科 専任教員 内田 芙美佳

理学療法学科 専任教員
内田 芙美佳

資格
理学療法士
職種
理学療法学科 専任教員
最終学歴
2003年3月/学校法人仁多学園 島根リハビリテーション学院卒業
所属学会
2003年/日本理学療法士協会
2003年/島根県理学療法士会
職歴
2003年4月/老人保健施設ナーシングセンターひまわり 部署 専任理学療法士
2011年4月/社会福祉法人よこた福祉会 部署 専任理学療法士
2014年4月/学校法人仁多学園 島根リハビリテーション学院 専任教員

業績

学会発表
  1. 内田芙美佳:在宅復帰への取り組みを経験して学んだこと 第6回島根県理学療法士学会,2006年12月(島根)

地域貢献

  1. 2015年6月 島根発ヘルスケアビジネス先進モデル構築支援事業(補助金交付)
  2. 2015年8月 島根問題解決型学習推進事業(補助金交付)

自己紹介(自己アピールと教育に対する取り組み)

 理学療法基礎分野(評価測定法、日常生活活動、運動療法)と小児理学療法分野の授業を担当しています。理学療法基礎分野においては、解剖学、生理学、運動学の基礎を復習しながら講義を進め、それらを臨床実技に繋がるよう指導に努めています。小児分野では実習での学びを重ね、人間発達学の基礎概念から、発達障害の理解を深め、子ども・家族の生涯にわたる支援活動としての理学療法(評価・治療計画立案)を指導しています。
 私は、学生一人ひとりと向き合うこと、そしてその時間を大切にしています。4年間の学院生活が学生らしく、また豊かな実りになるよう支えていきます。

趣味

ヨガ テニス


理学療法学科 専任教員 堀江 貴文

理学療法学科 専任教員
堀江 貴文

資格
理学療法士
学位
学士(生物資源科学)
職種
理学療法学科 専任教員
最終学歴
2010年3月/学校法人仁多学園 島根リハビリテーション学院卒業
所属学会
2010年/日本理学療法士協会
2010年/島根県理学療法士会
職歴
2010年4月/公仁会 鹿島病院 リハビリテーション部 専任理学療法士
2016年8月/学校法人仁多学園 島根リハビリテーション学院 専任教員

業績

学会発表
  1. 堀江貴文:「重度変形性脊椎症と軽度パーキンソン病を呈する高齢患者の歩行能力におけるノルディックポールの有効性について」 第46回日本理学療法学術大会, 2011年(宮崎)

自己紹介(自己アピールと教育に対する取り組み)

 理学療法学の物理療法分野の授業を主に担当しています。学生さんに理解してもらい易い、また、興味を持ってもらえるような授業を展開していきます。これからのセラピストには患者さんの治療だけでなく、社会の変革と共に予防医学を包括する幅広い対応能力が求められます。どのような職域にも対応できる理学療法士の育成に懸命に取り組んでいきます。

趣味

日曜大工,DIY(Do It Yourself),アウトドア