作業療法学科の特徴

島リハだから!作業療法学科の特徴

1|高い教育水準・環境

POINT1

高い教育水準の保障

高度な知識・技術の獲得を実現するために、優秀な講師陣をそろえ、体系的なカリキュラムを構成しています。

  • 島根大学医学部の教授・講師など、専門領域のエキスパートによる充実の講義
  • 幅広い領域(身体障害・精神障害・発達障害・老年期障害・地域作業療法など)の経験豊富な専任教員による確かな知識と技術の教授
  • PBL、アクティブラーニングなど、様々な教育技法を用いて、能動的学修を推進

POINT2

4年制だからこそ、充実したカリキュラムを実現

  • 国が定める(指定規則)取得単位数+18単位の、深化した島リハ独自のカリキュラムを実現
  • 県内No1の臨床実習時間数を確保

2|実践型カリキュラムの充実

座学で学んだ知識を、応用する場を設けることによって、より理解が深まります。また、実践活動を通して、学生は主体性や、リーダーシップ力を学ぶことができます。

CHALLENGE1

ショッピングリハビリ

  • 奥出雲町の高齢者の認知症予防、外出頻度の増加や閉じこもりを改善すること目的とし、本学院が主体となり地域住民の介護予防の一環として、学生が考案したプログラムを実施します。「地域の中での問題・課題解決型授業」で幅広いフィールドで将来働く能力を身につける事ができます。

CHALLENGE2

生活行為向上マネジメント(MTDLP)

  • MTDLPは対象者の生活における活動に焦点をあてることで,目標を共有することを可能とし、「対象者自身が自分の回復に積極的に関与」できるよう構成されています.日本作業療法士協会が強力に推進し、日本の作業療法士の多くが習得しているツールを在学中からしっかりと学べ、また臨床実習でも利用する事で「即戦力」として現場で活躍できる能力を養います。

3|作業療法士国家資格+αの資格取得

作業療法士国家資格に加えて、卒後に様々な領域で役立つ資格を、在学中に取得することができます。

PLUS1

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは、近年社会的ニーズが高まっている高齢者や障がい者に対し、できるだけ自立しいきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザー資格です。3級・2級・1級のステップがあり、在学中に学ぶ基礎医学や専門領域の知識を生かし、有利に受験する事ができます。

PLUS2

障害者スポーツインストラクター

障がい者スポーツに関する指導スキルを証明する日本で唯一の資格が取得できます。初級資格取得後は、中級、上級、コーチ、といった上位資格へとステップアップできます。2020年東京パラリンピックで、競技補助を行う事にもつながります。

PLUS3

レクリエーションインストラクター

ゲームや歌、集団遊び、スポーツといったアクティビティを効果的に活用し、「集団をリードする」「コミュニケーションを促進する」「楽しい空間をつくる」など、対象や目的に合わせてプログラムを企画・展開できる資格です。
直接的に病院、施設で活用することも出来るレクリエーションの能力が養えます。