新着情報

ご報告

島根リハビリテーション専門職大学(仮称)開学予定1年延期について(ご報告)

 

 

 

 

島根リハビリテーション専門職大学(仮称)

開学予定1年延期について(ご報告)

 

 

 

 学校法人仁多学園は、地域の医療・保健・福祉のニーズに応え、地方創生を牽引する理学療法士・作業療法士を養成するために、平成31(2019)年4月に「島根リハビリテーション専門職大学(仮称)」開学に向けて、文部科学省に認可を申請し、準備をすすめてまいりました。

 

 しかし、文部科学省での審査の最終段階において、本学が目指す育成人材像の教育環境の整備に若干の時間を要することがわかり、開学予定時期を1年延期し、2020年4月の開学を目指して、本年10月に申請し直すという決断に至りました。

 

 平成31(2019)年4月の入学をめざし、本学に進学を検討されていた生徒・保護者の皆様をはじめ、高等学校教員の皆様、また、開学に向けてご尽力いただきました関係者の皆様には、ご期待に添えず、心からお詫び申し上げますとともに、再申請に向け、鋭意努めてまいりますので、引き続きご支援ご協力を賜りますよう、切にお願い申し上げます。

 

 

   平成30年8月

 

 

                   学 校 法 人  仁 多 学 園

理 事 長  勝 田 康 則

 

島根リハビリテーション専門職大学(仮称)

学長予定者 谷 河 精 規

就職支援の一部を紹介いたします。

就職支援の一部を紹介いたします。

本学院では、求人施設による就職説明会を定期的に開催しています。

この度は、兵庫県A病院様にお越しいただきました。

本学院卒業生も就職している病院であり、今回は卒業生2名に来校いただきました。

求人の説明に合わせ、学生時代の就職活動のコツや国家試験勉強に関するお話など、卒業生ならではの内容でお話しいただきました。

4年生にとって、これからの踏ん張りを支えてくれる貴重な時間となりました。

お土産に特産の玉ねぎもいただきました!

卒業後も、本学院を支えてくれています。本当にありがとうございました。

img_1549 img_1546

 

本学とタイ国ロイエット・ラチャパット大学(Roi Et Rajabhat University)が、両校の国際交流を推進するため、ロイエット・ラチャパット大学にて、学術交流協定を締結しました!

本学とタイ国ロイエット・ラチャパット大学(Roi Et Rajabhat University)は、平成30年5月28日付で、両校の国際交流を推進するため、ロイエット・ラチャパット大学にて、学術交流協定を締結しました。本学院からは、谷河学院長、鈴木教務部長、国際交流担当職員が調印式に出席しました。

 

両校の学術交流の内容は

・教員及び学生の交換

・共同研究、教育・文化的プログラムの推進

・学術資料及び情報の交換  となっています。

 

ロイエット・ラチャパット大学は、タイ東北部に位置するロイエット県に所在し、2001年に創設された総合大学です。現在は、6学部(教育学部・芸術科学部・看護学部・経営学部・情報科学部・法政治学部)の他、教育学や経営学に関する修士及び博士課程があり、約10,000人の学生が在籍しています。

 

奥出雲町(旧横田町)では、1994年より、そろばん指導者をタイに派遣し指導者を養成しながら、各小学校にタイ語のテキスト及び、町の伝統産業である雲州そろばんを寄贈する教育支援事業を行ってきた経緯があります。また、民間団体の「奥出雲横田タイクラブ」が主体となり、タイと奥出雲、双方の子どもたちがお互いの国へホームステイし、友好交流を深めてきました。

 

ロイエット・ラチャパット大学との学術交流協定を機に、本学だけではなく、地域との、活発な教育や文化的な交流が行われることを期待しております。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%88%e5%a4%a7%e5%ad%a6_%e5%8d%94%e5%ae%9a%e5%8d%94%e8%ad%b001

Chaloey Pumipuntu 学長

 

%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%88%e5%a4%a7%e5%ad%a6_%e5%8d%94%e5%ae%9a%e5%8d%94%e8%ad%b004

Garoon Pongsart 副学長(右)

Wichit Khummantakhun 副学長(左)

 

%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%88%e5%a4%a7%e5%ad%a6_%e5%8d%94%e5%ae%9a%e5%8d%94%e8%ad%b006

Banjong ロイエット市長(右)

 

%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%88%e5%a4%a7%e5%ad%a6_%e5%8d%94%e5%ae%9a%e5%8d%94%e8%ad%b002

一般社団法人 リハビリテーション教育評価機構より「島根リハビリテーション学院の理学・作業両学科は教育に必要な施設基準およびカリキュラムを提供、実施できる養成施設として認められた」旨の認定証を頂きました。

   一般社団法人 リハビリテーション教育評価機構より「島根リハビリテーション学院の理学・作業両学科は教育に必要な施設基準およびカリキュラムを提供、実施できる養成施設として認められた」旨の認定証を頂きました。

 本評価は、専門領域における教育についての第三者評価です。本学院の管理・運営・地域貢献などあらゆる分野における私立専門学校等第三者評価機構の第三者評価に加え、2つ目の第三者評価を受審したことになります。本学院は、教育・管理・運営などの質向上に絶えず努力・前進しています。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

一年生が協働力実習を行いました!

5月26日に、毎年恒例である協働力実習を行いました。

協働力実習とは本学院のカリキュラムの一つで、理学療法学科と作業療法学科の一年生が履修します。

地域の方のご指導のもと奥出雲町のブランド米である仁多米を植える活動を通して、地域の方や学生同士の交流を図り、そして地域の文化にも触れることができる本学院ならではの授業です。

学内だけでは得ることができない経験を、楽しみながら学ぶことができました!

秋の収穫が楽しみです!

dsc07742 dsc07743 dsc07757 dsc07754 dsc07753 dsc07752 dsc07745 dsc07755 dsc07766

球技大会が開催されました!

毎年恒例、新入生歓迎会を兼ねた球技大会が開催されました!

今年もフットサル、バスケットボール、バレーボールの競技が行われました。

今年は残念ながら教員チームの参加はありませんでしたが、学生同士、大変盛り上がりました!

学生のイキイキとした表情をぜひご覧ください!

dsc07623 dsc07621 dsc07620 dsc07619 dsc07603 dsc07595 dsc07588 dsc07583 dsc07580 dsc07566 dsc07553dsc07613

学生によるボランティア活動の様子をご紹介します!

4月14日(土)、奥出雲町ウルトラおろち100km遠足実行委員会の主催で、

第4回奥出雲ウルトラおろち100km遠足(とおあし)が開催されました。

 

その際、島根リハビリテーション学院からも理学・作業療法学科の学生がボランティアとして参加し、運営のサポートを行いました。

 1523661112746 1523835828101 1523835877829 1523835894128

当日はあいにくの天候でしたが、多くの参加者との出会い、他者と協力することの意義や喜びを知る機会になりました。

 

今後も島根リハビリテーション学院は、地域に貢献できるようボランティア等に積極的に参加していきます。

平成30年度 新入生研修会が開催されました!

4月20日、本学院にて新入生研修会が開催されました。

この企画は新入生同士の交流を深めるだけでなく、本学院の卒業生をお招きし学校生活や臨床現場のお話をしていただくことで、新入生が日々の過ごし方や卒後の働き方について楽しみながら学ぶことができるキャリア教育の一環です。

お昼は卒業生や在校生、教職員も交えバーベキューを行い、笑顔が溢れる有意義な時間となりました。

本日お越しくださいました卒業生の皆様、誠にありがとうございました!

img_1157 img_1174 img_1188 img_1202 img_1211 img_1214 img_1229