投稿者「島根 リハビリテーション学院」のアーカイブ

3年生が初めての実習を終えて帰ってきました!

3年生が初めての実習である臨床実習Ⅰを終えて無事に帰ってきました。

今日はそれぞれの実習での経験をレポートにまとめ、その内容の報告会を行いました。

慣れない発表の場ではありましたが、この日のために準備を進め、各々が過ごしてきた3週間を振り返りました。

発表者だけでなく、聴講者も積極的に質問をし、良きディスカッションの場となり、まだまだ未熟なところや経験不足なところは大いにありますが、実習に向かう前と比べ、逞しくなって帰ってきてくれたと思います!

この度の臨床実習において御指導いただきました指導者の先生方には、この場をお借りして感謝申し上げたいと思います。

今後とも本学の学生が成長できるよう、お力添えをよろしくお願いいたします。

img_3084 img_3085 img_3083 img_3079

奥出雲町の伝統である「仁王像」をオランダの伝統であるデルフトタイルによる再現活動に作業療法学科1年生が参加しました!

今回、奥出雲町の伝統である「仁王像」を本物と同じ大きさで、オランダの伝統的芸術「デルフトタイル」で再現する活動をアーティストインレジデンスとして、オランダ人アーティストJikke van Loon氏を奥出雲町文化協会が招待しました。

この活動は、単なる芸術目的に限りません。奥出雲町横田に仁王像を還元したいという思いも一緒に込めており、デルフトタイルのデルフトブルー(Delft Blue)の芸術を通して、横田に仁王像を再現するつもりでオランダと日本共同プロジェクトにしたいと取り組んでいます。

デルフトタイルを焼き上げるためには、24時間かけて1040℃という高温の設定を行い、デルフトブルー(Delft Blue)が表現されるため、専門の窯が必要です。

同町にある本学院は、作業療法学科の学生が基礎作業学の授業で用いる窯を所持しており、デルフトタイルを焼成できることが明らかとなり奥出雲町教育委員会から依頼を受け、協力することとなりました。

2018年から2年計画で製作に協力し、昨年は1体目正面図が完成し、今年は2体目の正面図と2体の背面図を制作し完成となります。

この日は、作業療法学科の1年生が一緒に活動に参加させていただき、デルフトタイルの説明や窯出し、絵付けといった貴重な体験をさせていただきました。

最後の集合写真では、仁王像のポーズを意識して撮影を行い、楽しいひと時を過ごすことができました。

org_dsc02555 org_dsc02583 org_dsc02575 org_dsc02586 org_dsc02594 org_dsc02609 img_3058

論文が掲載されました!(理学療法学科)

 

img_2435

 

本学院の理学療法学科教員である橋村康二先生が執筆した論文が掲載されました!!

投稿論文「中山間地域在住の家族介護者における介護負担感に関する要因」.島根大学医学部紀要.第41巻.23-28p.2019.3

今日の昼休みは学院長のお心遣いでコーヒーとロールケーキが登場!

教職員全員で論文掲載お祝いパーティーを開催しました!

 

医療の仕事は「臨床」、「教育」、「研究」であると言われています。

本学の教員は作業療法士、理学療法士として、「教育」を介して「臨床」へ、「研究」を介して「臨床」へ、新しい知見の発掘と技術のブラッシュアップを行い、医療の発展に尽力する所存です!

 

003-1

 img_2436

 

 

 

 

 

奥出雲町の協力を得て、1年生に健康教室を開催しました!

 

本学に在籍する学生の約9割が一人暮らしをしています。

入学生は高等学校を卒業した19歳が多く、社会人入学生もいます。3・4年次になると臨床実習で県内外へ出掛けるため、全学生が一人暮らしを余儀なくされます。

このたび、学院の保健計画として、学生が食事の大切さを再認識することを目的に、奥出雲町の協力を得て、奥出雲町役場管理栄養士谷山直子様による栄養指導、保健師・ヘルスメイトさん達にご支援頂き調理実習を実施しました。

対象は、今年度入学した1年生理学・作業療法学科を対象に2019年5月27日と6月14日の計2回実施しました。

そうした本学の取り組みが、農林水産省のホームページにおいて紹介されました。

これは、「食育月間」及び「食育の日」等の取組について、令和元年5月8日付け健第258号により、平成31年度(2019年度)「食育月間」実施要綱(農林水産大臣決定)に基づく「食育月間」における食育の取組の推進、毎月19日の「食育の日」の普及啓発等について、全国各都道府県毎に様々な取組の中から特色ある取組を各項目3件選出されたことに基づき掲載されました。

今後も、本学では学生の学業だけではなく、学生の健康面にも注目し、社会の一員として生活力を獲得できるよう支援を継続していきます。

 

ab

谷山さんによる栄養指導

 

cb

学生グループとヘルスメイトさんの調理実習

 

農林水産省HPリンク

http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/gekkan/torikumi.html

 

野球サークル活動報告 2019 season

本日は、本学のサークルの1つである野球サークルを紹介させていただきます。

野球サークルには20名近くの部員が所属し、不定期ではありますが大会に向けて練習を積み重ねています。

年間の活動として、広島県専門学校軟式野球大会に出場し、日頃の練習の成果を存分に発揮してくれています。

今年の春季大会では、広島・島根の強豪校を相手に見事勝利し、令和初のチャンピオンに輝きました。

先日行われた秋季大会では、惜敗を重ね残念ながら4位という悔いの残る結果となりましたが、この悔しさバネに来シーズンに向けて冬季の練習を頑張ってくれると思います。

また、今年は専属のカメラマン(学生)が同行してくれていたおかげもあり、躍動感あふれる写真を多く撮影してくれました。

その写真を使ってスライドショーを作成してみましたので、熱戦の様子を是非ご覧いただければと思います。

来シーズンの目標としては、まずは春季大会での優勝旗の奪取!

そして、鬼門である秋季大会でも優勝をし、春秋連覇を成し遂げたいと思います。

 

島根大学と島根リハビリテーション学院の連携のもと、地域での研究プロジェクトがスタートします!

この度、島根大学および国内外の研究者が連携して実施される「地域の医療従事者と連携した健康・要介護リスクに関する地域差の解明:CoHREデータの2次利用による解析(略称AKNproject)」に作業療法学科の元廣教員が参画することとなりました。

島根大学地域包括ケア教育研究センターよりデータ提供及び2次利用の許可を得て、「社会・環境要因と認知機能および心理状態との関連」の研究を進めることで、地域における疾病及び要介護の予防戦略への貢献を目指します。

インフォームドコンセント(研究対象者への説明と合意)の関係より本学院HP(地域の皆様へ)上に研究対象者に向けた情報を開示します。詳細は以下をご覧ください。

地域の皆様へ

本日は作業療法学科 山本教員の誕生日♬

本日、10月31日はハロウィンですね!

世界各国で賑わっているであろう今日この頃ですが、島リハではもう1つ大事なイベントを迎えていました。

それは、作業療法学科の山本教員の生誕祭です!

お菓子が大好きな山本教員には、朝から学生たちがプレゼントを持ってやって来ます。

その中でも一番好きだとされている生クリームをもらって大喜びされる姿、とても若々しくて元気をもらえます。

そして、同じ作業療法学科の教員である元廣・仲田コンビからのプレゼントは、2人と色違いのスクラブです。

実技系の授業をする時に着てもらいたいと願いを込めてお渡しさせていただきました。

大人の女性を意識して色はワインレッドをチョイス。

一緒にお祝いをしてくれた4年生と記念撮影をして、おめでたい1日は幕を閉じました。

来年はどんな誕生日になるのか、今から楽しみです♬笑

org_dsc02481 org_dsc02479 img_2832 img_2833 img_2831 org_dsc02485 org_dsc02487

本学院のスポーツトレーナーサークルのメンバーが、奥出雲町のホッケースポーツ少年団の児童に対し、リズムトレーニング指導を行いました!

 

10月31日、本学院のスポーツトレーナーサークルのメンバーが、奥出雲町のホッケースポーツ少年団の児童に対し、リズムトレーニング指導を行いました!

 

リズムトレーニングとは、「リズム感」を高めることで運動能力を向上させる、最新のトレーニング手法です。本学院のスポーツトレーナーサークルのメンバーの内7名の学生が、スポーツリズムトレーニング協会の認定指導員である「スポーツリズムトレーニング協会(STAR)公認ディフューザー」の資格を先日取得しました。今回はそのメンバーの中から理学療法学科2年生の田部雄路君がリーダーとなり、指導を行いました。

 

 リズムトレーニングには難易度の順に「リズムジャンプ」、「リズムサーキット」、「種目別トレーニング」の3つがあり、今回はリズムトレーニングの基礎となる「リズムジャンプ」を行いました。初めは皆うまくリズムに合わせることが出来ず苦戦していましたが、徐々にコツを掴み、後半はテンポの速いリズムでも様々なジャンプが出来るようになっていました!このリズムトレーニングの指導を今後継続して行い、児童達の運動能力の向上を図っていきます!!

【ビフォー】

tmp_v4738267743688992561

 

【アフター】

tmp_v4738267743739675910

 

【スポーツリズムトレーニング協会(STAR)公認ディフューザー資格】

s__7233541

 

島リハの名物授業である協働力実習にて収穫祭を行いました!

島リハの特徴的な授業である協働力実習では、締めくくりに収穫したお米を使って調理実習を行います。

今年も理学療法学科と作業療法学科に分かれ、各学科ごとに収穫したお米の味を最大限に引き出すための一品を考えました。

理学療法学科は丼物の代表格であるビビンバを、作業療法学科はご飯のお供に唐揚げとお味噌汁を作りました。

この授業で田植えをしたのが5月頃、その頃はまだどこか辿々しさが残る人間関係ではありましたが、この協働力実習を経験してクラス内または学科間の友情や絆は深まるものがあったのではないでしょうか。

出来上がった料理もとても美味しくいただくことができ、余ったお米はおにぎりにしてみんなで家に持って帰りました。

このような珍しい授業が行えるのも、この奥出雲町にお住まいの地域の皆様のご協力があってからこそだと思っております。

学生も大変満足な様子で、最高の笑顔をいただくことができました!

img_4573

img_4591 img_4583

img_3615

img_4650

img_2785

img_3605

img_2798

img_3621

org_dsc02459

11月10日(日)にオープンキャンパスが開催されます!

11月10日(日)にオープンキャンパスが開催されます!

今回の体験学習は、理学療法学科は徒手療法・ストレッチ体験を、作業療法学科はコミュニケーション(スイッチ作成)体験をテーマに行います!

どちらの体験学習も職業の魅力をたくさん感じることのできる企画になっています。

また、個別面談の時間もたくさんとっていますので、職業選択に迷っている学生さんも是非お気軽に参加してくださいね!

ぜひ、島リハの魅力を体験しに来てください!!

詳細・お申込みはこちらより…

http://shima-reha.com/open_campus/

 

 

11%e6%9c%8810%e6%97%a5