投稿者「島根 リハビリテーション学院」のアーカイブ

1月19日(土)にオープンキャンパスが開催されます!

1月19日(土)にオープンキャンパスが開催されます!

 

今回の体験学習は、理学療法学科はストレッチ体験を、作業療法学科は「モノ」でセラピー体験をテーマに、体験学習していただけます!

どちらも職業の魅力をたくさん感じることのできる企画になっています。

また、個人面談の時間も設けていますので、理学療法士や作業療法士ってどんな仕事?島リハってどんなところ?etc… いろんな疑問にお答えします!!

お誘い合わせの上、皆様のご参加をお待ちしています!

ぜひ、島リハの魅力を体験しに来てください!!

 

詳細・お申込みはこちらより…

http://shima-reha.com/open_campus/

1%e6%9c%8819%e6%97%a5

救急法講習会が開催されました!

 

12月17日から19日までの3日間、日赤救急法講習会が開催されました。

理学療法学科、作業療法学科3年生が日本赤十字社のインストラクターの指導のもと救急場面での対処法などを学びました。

みなさん真剣な面持ちで3日間の講習を取り組んでいました!

今回参加し習得したことを、安全・危機管理対策の向上に役立ててほしいと思います!

017

015

004

016

018-2

奥出雲町のホッケーのスポーツ少年団に加入している小学生とその指導者、奥出雲町のホッケー部に所属している中学生を対象としたトレーニング指導を実施しました!

昨年度より島根リハビリテーション学院、島根県アスレティックトレーナー協議会、奥出雲町体育協会の3者で連携し、『奥出雲町子どもの体力向上推進事業』を実施しています。

この度本事業の一環で、奥出雲町のホッケーのスポーツ少年団に加入している小学生とその指導者、奥出雲町のホッケー部に所属している中学生を対象としたトレーニング指導を実施しました。

今回の講師には島根県アスレティックトレーナー協議会副会長の松本康佑先生を招き、『イメージトレーニング・SAQトレーニング・ビジョントレーニングを楽しもう!』というテーマで講演・トレーニング指導を行っていただきました。

本講習会にはスポーツ少年団の児童、指導者、ホッケー部の中学生、本学院の学生を含め、合計で50名弱の参加があり、終始笑顔が絶えず賑やかな雰囲気の中開催されました。

 

トレーニングに関する最新の知見に触れることが出来、スポーツ少年団の皆様のみでなく参加した本学院の学生にとっても非常に有益な勉強の場となりました。

 

今後も島根リハビリテーション学院は島根県アスレティックトレーナー協議会と連携し活動を行っていきます。

講師を引き受けてくださった松本先生、誠にありがとうございました!!

 

 

img_7331

 img_7334

img_7335

img_7336

 img_7338

img_7339

img_7340

img_7341

img_7344

img_7345

作業療法学科の元廣教員が出雲商業高校「商業計算」の授業講師として出前授業を行いました!

作業療法学科の元廣教員が出雲商業高校「商業計算」の授業講師として出前授業を行いました。

課題研究を中心とした科目で「そろばんを計算以外の観点から紐解く」をテーマに、2時間、思考方法の教授やワークショップを行いました。

普段の授業とは全く違う分野からの講義で最初は学生に戸惑いがありましたが、時間を重ねるたびに高校生が持っている柔軟な発想でワークショップも大いに盛り上がりました。

dsc_0812

dsc_0813

dsc_0819   dsc_0827

 

出雲商業高校の鴨木先生をはじめとした皆様誠にありがとうございました。

 

今後も島根リハビリテーション学院が持っている知見が学外でも役立つ様、

出前授業等を積極的に受け入れていきたいと思います!

 

本学としまね信用金庫が、産学連携に関する協定を結び、本日12月6日に協定調印式が執り行われました!

 

本学としまね信用金庫は、本日12月6日10時より、「しまね信用金庫と学校法人仁多学園による産学連携に関する協定」の調印式を執り行いました。

本学院からは、勝田理事長、谷河学院長、高橋事務部長、鈴木教務部長、白根総務課長が出席し、しまね信用金庫からは、石川理事長、森山地域貢献部長、浅沼仁多支店長、上田地域貢献部主任が調印式に出席しました。

 

この協定は、地域における産学連携活動を推進するため相互に協力し、地域社会の発展に貢献することを目的としています。

 

今回、しまね信用金庫と協定を締結することによって、本学が持つ学問的特性を活かして地域社会の発展に貢献することができると期待しております。

img_6823

img_6832

img_6826

本学と韓国乙支大学が、両校の国際交流を推進するため、乙支大学にて、学術交流協定を締結しました!

 

本学と韓国乙支大学は、平成30年11月30日付で、両校の国際交流を推進するため、乙支大学にて、学術交流協定を締結しました。本学院からは、谷河学院長、元廣作業療法学科長、国際交流担当職員が調印式に出席しました。

 両校の学術交流の内容は

 ・教員及び学生の交換

 ・学術資料及び情報の交換

 ・共同研究、教育・文化的プログラムの推進  となっています。

 

乙支大学との学術交流協定を機に、活発な教育や文化的な交流が行われることを期待しております。

 

 【乙支大学について】

・乙支大学は、新興名門医科大学として名声が高い乙支医科大学と40年伝統のある国内最初の保健界専門大学のソウル保健大学が統合し、韓国唯一の保健・医療に特化した医療系総合大学として現在に至る。

・就職率は80.72%(全学)で、医療系大学としては全国1位の実績。

・物理療法学科の国家試験合格率は100%(全国平均88%)を誇る。

usb-0153のサムネイル

火災避難訓練と校内清掃を実施しました!

本日12月4日、金工木工室から出火したことを想定した火災避難訓練を実施しました。

教職員一同、消防班、避難誘導班、総務班、確認班と役割分担をし、訓練に取り組みました。

避難訓練終了後、雲南消防署さまによる水消火器を使用した消火訓練が行われ、各学年の代表が消火器の使用方法について学びました。

 

002

006

015

 

その後、校内清掃が行われました。

校内清掃は全校生徒と教職員がそれぞれ担当エリアを掃除、整理整頓を行いました。

学校全体がより一層綺麗になり、勉学に集中しやすい環境となったと思います!

 

20181204_133826

20181204_134225

12月15日(土)にオープンキャンパスが開催されます!

12月15日(土)にオープンキャンパスが開催されます!

今回の体験学習は、理学療法学科は物理療法体験を、作業療法学科はアートセラピー体験をテーマに、体験学習していただけます!

どちらも職業の魅力をたくさん感じることのできる企画になっています。

また、通常のオープンキャンパスのプログラムと並行して、自己分析・面接セミナーコースを実施します。

自己分析・面接セミナーコースでは、進学試験や就職試験など、人生のいろいろな場面で役立つ自己分析ワークや、島リハの就職支援の担当教員を相手に面接練習を受けることができます。

オープンキャンパス初めての人も、リピーターの方も、受講後は、きっと自分に自信が身につく、おススメの企画です。

オープンキャンパス参加応募フォームにて「面接セミナー」項目で(希望する)を選択してご予約ください!

ぜひ、島リハの魅力を体験しに来てください!!

 

詳細・お申込みはこちらより… http://shima-reha.com/open_campus/

12%e6%9c%8815%e6%97%a5

島根リハビリテーション学院の学生が、オランダの伝統であるデルフトタイルによる奥出雲町の伝統「仁王像」の再現活動に参加しました!

島根リハビリテーション学院では、学校教育のみならず、さまざまな地域貢献活動も推進しています。

その取り組みの一例をご紹介します

奥出雲町横田の岩屋寺の木製仁王像はアムステルダム国立美術館に展示されています。

今回、仁王像を本物と同じ大きさで、オランダの伝統的芸術であるデルフトタイルで再現する活動をアーティストインレジデンスとして、オランダ人アーティスト Jikke van Loon氏※を奥出雲町文化協会が招待しました。 

デルフトタイルを焼き上げるためには、専門の窯が必要です。

同町にある本学院は、作業療法学科の学生が基礎作業学の授業で用いる窯を所持しており、奥出雲町教育委員会から依頼を受け、協力することとなりました。

本学院の作業療法学科の学生にとっても、地元の伝統に触れ、基礎作業学の一環として国際的視野を広げる機会となりました。

 

※Jikke Van Loon 紹介

オランダ出身アムステルダム在住。オランダ政府の委託で、オランダ国王、ベアトリクス旧オランダ女王等の肖像画を作成したアーティストとしてよく知られる。

 

066

082

095

098

124

a