バックアップ

↓削除?

1.理学療法のベースをしっかり学ぶ   <写真>

    運動療法・・・身体を動かすことで機能の回復を促進させる方法

    物理療法・・・温熱や光線等の作用により、症状を緩和させる方法

    日常生活動作練習や指導・・・基本的な動作の能力を、日常の生活に応用していく方法

2.実践型カリキュラムの充実

    座学で学んだ知識を、応用する場を設けることによって、より理解が深まります。また、実践活動を通して、学生は主体性や、リーダーシップ力を学ぶことができます。

    スポーツ理学療法学

    地域診断

    PBL(課題解決型授業:Problem Based Learning)

      (問題にもとづく学習:Project-Based Learning)

    OSCE(客観的臨床能力試験)

3.理学療法士国家資格+αの資格取得

   ・キネシオテーピング

   ・障害者スポーツインストラクター